オリゴ糖で便秘改善

おなかの調子が悪く、便秘が続いている状態は、精神的にもきつい状態になってしまいます。さまざまな方法で改善を考えることにはなりますが、なかなか効果が上がらないこともあるでしょう。そんな時に効果的なのが、オリゴ糖の摂取です。薬とは違う腸の中の善玉菌を活性化させていくところが重要なポイントになってきます。

腸オリゴ糖は、単糖が2から10個程度つながったものを指すことが多いでしょう。中には20個程度つながったものまでさす場合もあります。この辺りは、定義がはっきりしていないことが原因です。多糖類と呼ばれている種類は、数十から数千つながっていくのですから、かなり違いがあるでしょう。オリゴ糖は、少ないという意味のギリシア語がもとになっていることからもわかりますが、他と区別するために少糖類と呼ばれています。研究を進めるうちに、腸内環境の改善に力を発揮できることがわかり、活用されるようになりました。

オリゴ糖が便秘に良いとしても、実は1種類を指しているわけではありません。担当のつながりの数からもわかりますが、いくつもの種類が存在しています。胃で消化されてしまうと、超まで届きにくくなるため、難溶性オリゴ糖を選ぶのがポイントです。よく知られているフラクトオリゴ糖といった種類は、難溶性のひとつとして知られ、ビフィズス菌を増殖することで知られています。

便秘に聞くといわれても、よくわからないことも多いでしょう。悩みの解決のためにも、参考にしながら、改善を目指してみてはいかがでしょうか。