オリゴ糖と日和見菌

オリゴ糖をとることで、便秘が改善するといわれても、一体何が作用しているのかは、よくわからない人も多いでしょう。単純な理由としては、オリゴ糖が腸内に存在している善玉菌の餌となり、増殖させる効果があるのがポイントです。善玉菌は、消化させたり吸収させたりと、大事な機能を持っています。排出をスムーズにおこなわせるためにも必要で、なくうんちては困る存在です。反対の存在である悪玉菌は、消化物に作用するときに有害物質を生み出してしまいます。排泄のリズムもくるってしまうため、代謝を阻害するようになる存在です。この割合を変化させるようにすれば、便秘も解消するというのが、オリゴ糖を摂取する際の考え方といえるでしょう。

腸内の細菌をのぞくと、実は善玉菌と悪玉菌以外の存在が多数存在していることがわかります。日和見菌と呼ばれていますが、普段は何でもない存在ですが、体が弱ると途端に悪さを始める存在です。優勢な方についていく存在でもあり、バランスを大きく変化させやすい存在ともいえるでしょう。オリゴ糖を摂取して善玉菌を活性化させることは、日和見菌を見かたにつけるとともに、悪玉菌を抑えられるため、便秘の解消にもつながっていきます。次は怠ける善玉菌について説明します。