効率よく摂取

トイレ便秘の解消を考えた場合、オリゴ糖をただとればいいというわけではありません。効率よく届くようにしていかなければ、何の意味もなくなってしまいます。大腸に至るまでには、胃を通過しなければいけませんし、その手前に小腸が存在していることが重要です。ここで消化されてしまえば、大腸の中で善玉菌の餌になりません。

オリゴ糖を摂取するときには、善玉菌を含む食品を同時に取るのがひとつの方法です。餌になることはよくわかっていますが、ビフィズス菌や乳酸菌との相性がいいため、効果を発揮しやすくなります。ヨーグルトがよく知られていますが、乳酸菌によって発酵する漬物とも相性はよく、納豆とも一緒に摂取すれば効果をあげられます。便秘解消を考えるのであれば、うまく組み合わせも考えていくべきでしょう。

問題は、消化されにくい性質は持っているものの、大量に摂取するべきではない成分なのを理解しておかなければいけません。過剰摂取は何でもいいことはなく、適切な量にとどめておくことがポイントです。過剰摂取によっておなかをくだしてしまう場合もありますので、さまざまなものに含まれていることも理解しながら、自分にあった量をうまく調節するといいでしょう。

参照>>>私の便秘は解消しました。

怠ける善玉菌もいる

オリゴ糖を摂取することで、便秘の解消を目指すことは、薬にも頼らない確かな方法です。善玉菌を増やすために大切な餌となってくれますが、善玉菌ばかりになればいいかといえば、実はそんなことはありません。善玉菌と悪玉菌、日和見菌の割合が2:1:7程度になるのがいいといわれています。これは理想ではありますが、実際にはこの割合にはなりません。その理由が、善玉菌にも怠けるのがいますし、悪玉菌にも良い働きをする存在がいるからです。

便秘になっている善悪で書かれるため、絶対的な存在に見えますが、はっきりと区別ができていない存在もいるのが腸内です。毒素を作るのが悪玉菌と思われていますが、大腸炎の抑制に働きかける存在のものもいたりします。そのため、すべてを善玉菌にすれば、便秘が解消するわけではありません。

もうひとつ、人によって適切な腸内環境のバランスに違いがあるところも重要でしょう。時間をかけて改善していく必要があるのも、だれもが同じことをして効果をあげられるわけではないからです。一体どんな善玉菌が活躍しているのか、人によって異なるだけではなく、好みのオリゴ糖にも違いがあるのですから、時間をかけて数種類のオリゴ糖をとっていくと便秘の改善が見られるようになるでしょう。

オリゴ糖と日和見菌

オリゴ糖をとることで、便秘が改善するといわれても、一体何が作用しているのかは、よくわからない人も多いでしょう。単純な理由としては、オリゴ糖が腸内に存在している善玉菌の餌となり、増殖させる効果があるのがポイントです。善玉菌は、消化させたり吸収させたりと、大事な機能を持っています。排出をスムーズにおこなわせるためにも必要で、なくうんちては困る存在です。反対の存在である悪玉菌は、消化物に作用するときに有害物質を生み出してしまいます。排泄のリズムもくるってしまうため、代謝を阻害するようになる存在です。この割合を変化させるようにすれば、便秘も解消するというのが、オリゴ糖を摂取する際の考え方といえるでしょう。

腸内の細菌をのぞくと、実は善玉菌と悪玉菌以外の存在が多数存在していることがわかります。日和見菌と呼ばれていますが、普段は何でもない存在ですが、体が弱ると途端に悪さを始める存在です。優勢な方についていく存在でもあり、バランスを大きく変化させやすい存在ともいえるでしょう。オリゴ糖を摂取して善玉菌を活性化させることは、日和見菌を見かたにつけるとともに、悪玉菌を抑えられるため、便秘の解消にもつながっていきます。次は怠ける善玉菌について説明します。

オリゴ糖で便秘改善

おなかの調子が悪く、便秘が続いている状態は、精神的にもきつい状態になってしまいます。さまざまな方法で改善を考えることにはなりますが、なかなか効果が上がらないこともあるでしょう。そんな時に効果的なのが、オリゴ糖の摂取です。薬とは違う腸の中の善玉菌を活性化させていくところが重要なポイントになってきます。

腸オリゴ糖は、単糖が2から10個程度つながったものを指すことが多いでしょう。中には20個程度つながったものまでさす場合もあります。この辺りは、定義がはっきりしていないことが原因です。多糖類と呼ばれている種類は、数十から数千つながっていくのですから、かなり違いがあるでしょう。オリゴ糖は、少ないという意味のギリシア語がもとになっていることからもわかりますが、他と区別するために少糖類と呼ばれています。研究を進めるうちに、腸内環境の改善に力を発揮できることがわかり、活用されるようになりました。

オリゴ糖が便秘に良いとしても、実は1種類を指しているわけではありません。担当のつながりの数からもわかりますが、いくつもの種類が存在しています。胃で消化されてしまうと、超まで届きにくくなるため、難溶性オリゴ糖を選ぶのがポイントです。よく知られているフラクトオリゴ糖といった種類は、難溶性のひとつとして知られ、ビフィズス菌を増殖することで知られています。

便秘に聞くといわれても、よくわからないことも多いでしょう。悩みの解決のためにも、参考にしながら、改善を目指してみてはいかがでしょうか。